いきいきシニア活動紹介

【熊本県 荒尾市老連】丹精込め手芸に熱中!

こんにちはayaです。

今回は、荒尾市老人クラブ連合会の広報部会に行った際、嬉しい手作りのプレゼントをいただいたのでご紹介します!

まず、この手芸作品をご覧ください!これはすべて副会長のNさんが作られました。Nさんは、コロナ禍で外出できず、市老連の各行事も中止が相次ぐ中でも、なんとか友達と顔を合わせる機会を作ることができないかと考え、現在、仲間と一緒に手芸作品を作られています。

中でも毎年制作しているのが干支の人形。3~4名で集まり、同じ型紙で寅や、うさぎなど、その年の干支をちりめん生地を使って制作されます。どれも表情豊かで愛らしく、お友達にプレゼントしては大変喜ばれているそうです。また、最近では、この人形と孫が作った折り紙を福祉施設の入居者の方に贈るボランティア活動にも取り組んでいるという素晴らしい活動を続けていらっしゃいます。

そんな手芸を通して多くの方々を笑顔にし、幸せな気持ちを届けているNさんより、私の干支である「ひつじ」の作品をいただきました!その他にも「福がたくさん来るように★」と「ふくろうの親子」のかわいい人形もいただきました。

Nさん本当にありがとうございました。「たくさん作って、みんなにプレゼントするのが楽しみなの」と笑顔で語られる姿はとてもいきいきとされています。これからも大好きな手芸とともに、お元気でお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA